メッツァビレッジへ行ったイラストレポートを描いてみました!北欧フードにショッピング、そして心穏やかに自然を満喫できるスポット…♡北欧のライフスタイルを感じれる場所です♪ペットOKなのも北欧っぽい。
a0341668_16224804.jpg
a0341668_16225198.jpg
a0341668_16225395.jpg
メッツァビレッジがらみではありますが、
メッツァビレッジで食べたり買ったりすることができるフィンランドのフードについて、
フィンランド大使館 上席商務官 木村正裕さんとナシエでトークイベントを
することになりました。詳細はコチラ


[PR]
# by hokuo-nashie | 2018-11-12 16:28 | 日々のつぶやき

トークイベントのお知らせ 

【美味しい!Hyvä!フィンランド!!】

2018.11/21(水)14時〜
蔦屋家電 二子玉川店 2Fにて。

メッツァビレッジにやってくるフィンランドの食について、
フィンランド大使館 上席商務官 木村正裕さんとナシエでトークします。

参加無料のお土産付きです♪

終了後はサイン会を開いてくださるそうです^^

詳細はコチラへ 

[PR]
# by hokuo-nashie | 2018-11-12 16:21 | お知らせ

2018/9月に方丈社から出版された、
を読みました!
a0341668_16465750.jpg
まず、本のカバー写真。
ラップランドの美しい冬景色&優しくはにかむ女性。
その女性の側には、極寒の中でも元気に動きまわる賢いハスキー犬。
メソッドがあれば、この厳しい状況下でもアクティブに快適に過ごせるんだよと
視覚的に理解できる良い表紙だなぁと思いました。

何より、フィンランドの凛とした空気感を感じることができ、
単純に見てて気持ちが良い!
ぼーっと眺めていると、フィンランドの先住民族が住むラップランドの大地が、
“古くから受け継がれてきた固有のスピリットなんだよ”と語りかけてくれるようでした。

手に取って時、ビックリ。304ページ!
こんなにSISUについて書かれてあるんだ〜と、
目次ページを見てまたびっくり。フォントと余白の使い方が凄くキレイ…!!
(表紙に目次にダブルパンチ。デザインされた方、ナイスですね〜)

早々とこの本に引き込まれた私ですが(デザインの力はスゴイですね)、
内容の方にも興味津々でした。
読み終わる頃には、どんなけ付箋を貼るんじゃい!という程ブックマークしまくりでした。

主人公はこの本を書かれたフィンランド出身、カナダ育ちのカトヤさんが、
両親の故郷、フィンランドに目を向けSISU(シス)に出会ったことから始まります。

彼女自身が鬱で、薬を使い治療されていたんですが、副作用もあり悩んでいた時期に、
フィンランドの自然が自分を癒してくれることに気づき、どんどんその術を取り入れていくのんです。
本書では、カトヤさん自身が聞きたいこと、疑問に思ったことなど、
各方面のエキスパートにインタビューしているので、説得力があり、リズム良く読むことができました。

で、本書のテーマ、SISU(シス)について…

私のエピソードですが、
すごく昔、フィンランド人の方に、フィンランドのお菓子「SISU」を指差され、
a0341668_16541358.jpg
「これ、シスというお菓子だけど、どういう意味か分かる?」と言われたことがあります。
私は分からず、どんな意味なの?と聞きました。

「ん〜、難しいけど、フィンランド人の魂
これを食べたら力が湧いてくる、みたいな感じじゃないかな」と言われ、
私は「SISU」という短い単語から、
「甘い」や「美味しい」等のシンプルな答えが返ってくると思っていたので、
何だか抽象的な意味だな〜??と思っていました。

それから今まで随分経ち、稀に「SISU」という単語を聞くこともありましたが、
明確にはわかりませんでした。

日本にも“サムライ魂”という言葉があり、
精神力を例える時に良く出てくるワードです。
サッカー世界大会では日本代表を“侍ジャパン”と呼び、皆で応援するほどです。

私のなかで「サムライ魂」とは、
誇り高く屈しない強い意志、純粋、自己犠牲、耐え忍ぶ…
そんな感じなのかな〜と思っていました。
が、
そのニュアンスとSISUは、また別のものでした。
(書くとネタバレっぽくなるのでここでは控えさせてください)

本書を読んで思ったことは、
各分野、「派手さがなくシンプルで理にかない、持続可能であること」ということが共通しており、
アイデアでもモノでもメイドイン北欧のものは本当にこれに尽きるなぁと思いました。
だから私は北欧が好きだ、と何度も思っています。

著者はアイススイミング(冬に湖に入る)を始めたことが何より心身の充足に繋がったと言っていました。
私はアイススイミングはしたことがないですが、
ラップランドへ行って、サウナ後に裸で雪のなかに飛び込んだことがあります。
(肌は鈍痛に近い衝撃があったけれどその後はふわ〜〜とポカポカし、結果、酷い目に合った割に悪くなかったなぁという印象です)
本書によるとそれと同時にエンドルフィン、セロトニン等の幸せホルモンが出ているみたいです!
毎日やっていると、暗くなった気持ちもどこかへ消えそうですね。

a0341668_16465703.jpg
フィンランド人はみんな大好きなサウナはもちろんですが、
体を動かすアクティビティへの関心が本当に高いなと感じます。
(旅をしてるだけでも分かるんです)
真冬の朝、ピタピタスーツ(アルペンスキー風?)のおじいさんに出くわしたり、
(寒くないの?と聞いたら、「え!?あぁ、全然」みたいな感じでした)
ホテルのプールサイドで片足をびっこ引いたおばあさんが体を動かしに。
スイスイとプールで泳ぎ、「気持ちいいわ〜〜!」と何度も言ってました。
その他エピソードはたくさん…


この本には自分のライフスタイルに取り入れれそうなヒントがたくさんで、
ページをめくっては、ふと思いついたことを検索したりしていました。

その他、フィンランドの施設や公園、人、アイテムなど出てくるので、
その検索もして楽しんでいたら、全然最後のページに辿りつけない状態になりました。。。
(例:フィンランド老舗自転車メーカーJopo(ヨポ)もこの本で初めて知りました。
かわいいし、アイテムごとにストーリーはあるもんですね。

「SISU」は多方面、育児問題や、消費社会、雑貨や家具デザインまで
いろんな考え方と繋がっていて、フィンランドならではの良さを感じ、
また日本で暮らす自分にどう活かしていくかを考えるきっかけになりました。

a0341668_16465784.jpg
最後に…。
付箋貼りまくりの図です…。途中短い付箋が無くなり、大きなもので対応141.png
カバーも汚れるからと外しておりました105.png

[PR]
# by hokuo-nashie | 2018-11-01 16:51 | 日々のつぶやき

f0125068_10292270.jpg
八王子にある東京富士美術館で開催されている、
-日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念-

スウェーデン王立図書館所蔵『長くつ下のピッピ』をはじめとする原画や、
日本初公開のオリジナル原稿など、貴重な物がたくさん見れるとのことで
行って来ました!

子どもがも楽しめるエリアに物販ととても賑やか☆
展示を見る前からテンションが上がってきます!
f0125068_10273790.jpg
本もいっぱい!スウェーデン語のものも。
                      
f0125068_10273706.jpg

遊べるエリア。IKEAコラボみたいです。
f0125068_10273640.jpg
こちらはピッピに扮装して撮影できるスポット♪みんな楽しそうに写真を撮ってました!



私の本でも(北欧が好き!①や、かわいい北欧)何度もとりあげていますが、
あんなに素敵なお話をたくさんたくさん書き、
そして子どもの権利を守ったパイオニアな存在のリンドグレーン。
ほんとに偉大な人だったんだなぁ!と思わずにいられません。

ピッピの絵を手がけた、ニイマンの原画を間近で見ることができ、
子どもの生意気さや可愛さが、ギュギュッとつめ込まれていて、
とても素敵でした。
日本の絵を真似て描かれた練習用の絵もあって、びっくり。
日本からの影響を受けてるんですって。そういや顔がアジアっぽいわけですね。

エストニア出身のイロン・ヴィークランドの原画もたくさんあって、
「はるかな国の兄弟」(←私の大好きなお話)の表紙の原画を見ることができました!
エストニアにイロンの美術館があるのだけど、改めてエストニアに行った時に
寄って来たら良かった!と後悔…。
もし次、エストニアに行った際は、ゆったり1日かけてイロン美術館を満喫したいなぁ。

こちらは展示内での写真OKスポット↓
f0125068_10273726.jpg


f0125068_10273712.jpg
全体的になかなか良い展示で、もう一回見たいくらいでした。
リンドグレーンの半生をまとめた映像では涙してしまいました。

そして物販のクオリティの高さ!デザインされた方、なかなかいい仕事してますね!
どれもこれも素敵で、ざっと見渡して3.4万円くらい使いそうだと思いましたが、
(リサ・ラーソンがこの展示のために作ったピッピフィギア、欲しくて買いそうになりました…)
f0125068_10273744.jpg
かわいい〜♡


図録、クリアファイル、マスキングテープ、メモ帳、ポストカードにとどめました。
ピッピの絵が入った和風の豆皿があってそれも可愛かったなぁ。

東京富士美術館は初めてでしたが、
以前はワイルドスミス展なんかも開催されていたようです。
レストランもとても美味しく、
しかも可愛らしい広めのキッズスペースが2階に設置され、なかなか良い所でした!
こんな美術館、近くにあったら絶対通います〜^^


[PR]
# by hokuo-nashie | 2018-09-21 10:44 | おでかけ

大阪のイベントが終了しました!
a0341668_11213923.jpg
8/18(土)に
大阪/淀屋橋にあるフィンランド料理店
午前(1部)ダーラナホース絵付けワークショップ 
a0341668_11214675.jpg
午後(2部)トーク&ランチ会 
という流れでした。
a0341668_11215198.jpg

たくさんの方にお会いでき、とても楽しく過ごすことができました。
ダーラナ絵付けでは、また可愛い馬たちが誕生しました♡
トーク&ランチ会では、
みなさんとすぐに打ち解け(大阪の方は関わろうとしてくださいますね〜)、いろんなお話をすることができました!


a0341668_11214602.jpg
ランチのスープ♪パンも美味しかったです!

a0341668_11214774.jpg
仔羊もも肉のロースト。ミナのお皿、かわいい〜

a0341668_11214705.jpg
無花果コンポートとパウンドケーキ☆

素敵なお皿に飾られた美味しいお料理を食べながら、
北欧が好きになったきっかけや、日頃どういう旅をされてるか、
どうやってナシエ本を知ったのか、本の感想など色んな話を聞くことができました。
でも、時間上しょうがないですが、
やっぱりせっかく来てくださったのだから、一人ひとりゆっくりお話できたら!と、後ろ髪引かれる思いです。

たまにイベント時にお手紙をいただくのですが、
その時は時間がなくても、手紙だとあとで読めるので、“手紙”という手法もありだな〜と貰う立場になって気づいたことです。(貰うと嬉しいですし^^)

私のオリジナルのグッズ(トートバックにバッチ)をつけていらしてくれた方、春におこなった和歌山のイベントもいらしてくださった方など、とても嬉しかったです!
a0341668_11214604.jpg
ナシエトート&バッチ!

終始忙しくさせていただき、サインもたくさん描かせていただきました!ありがとうございました!(涙)

会場であるケイットルオカラを運営されてるノースオブジェクトさんは本当に北欧に熱く、常に目標に向かって走っておられてますし、素敵な会社だなぁと改めて思いました。私も頑張らなきゃ。

今回は、早朝の新幹線入り&日帰りだったのですが、
想像以上にタイトで大変ではありましたが、
参加者のみなさんとスタッフのみなさんに支えられ、
凄く充実した一日になりました!
この度はお声がけくださり、本当にありがとうございました!

バタバタ過ぎて諦めていた、大好きな551豚まんも帰りの新幹線前に滑り込みでゲット!!
幸せな気持ちで新幹線に乗れました^^

[PR]
# by hokuo-nashie | 2018-08-21 11:29 | イベント情報